0584-71-0294 〒503-2216 岐阜県大垣市昼飯町113-2

観光と歴史大垣市赤坂地域の観光・歴史スポット紹介

大垣市赤坂地区には多くの寺院・史跡、また観光名所や観光関連施設があります。
以下の地図をクリックしていただきますと該当の施設の詳細を表示します。

大垣市赤坂地域の観光・歴史マップ画像 美濃国分寺 大垣市歴史民俗資料館 照手姫の水汲み井戸 岡山本陣跡 美濃国分寺跡 安楽寺 お茶屋敷ボタン園 金生山化石館 子安神社 円興寺 明星輪寺 呑龍閣天清院 赤坂スポーツ公園 西圓寺 赤坂宿と道標 赤坂港跡 赤坂ボランティアガイドセンター 赤坂本陣公園

歴史(寺院・史跡)

美濃国分寺跡
美濃国分寺跡の写真

国分寺造営の直接の動機は、奈良時代の名僧行基聖人らの勧めによって、仏教に深く帰依した光明皇后が、聖武天皇に勧めたことからといわれています。 国分寺は金光明四天王護国之寺(僧寺)と法華滅罪之寺(尼寺)とがあり、天下の泰平を祈って天平13年(741)聖武天皇の勅願によって全国に建立されたものです。 その規模は僧寺に封戸50戸、水田20町歩、僧20人、尼寺に水田10町歩と尼僧10人を置き、伽藍はその国々の事情によって異なるが、大体は寺域2町四方(4ヘクタール) に南大門、中門金堂、講堂、回廊、七重塔、鐘楼、経蔵、僧房等のいわゆる七堂伽藍のある荘厳なもので、国府に近接して僧寺と尼寺が揃っていたといわれています。

こうして造られた国分寺は、地方政治における祭政一致を企図したもので、国司が政治を支配し、国分寺は精神面を支配して地方政治の安定を図りました。 奈良時代に造営された国分寺も律令制度の崩壊と共に、平安の中期以後次第に機能を失い、鎌倉室町時代を経て廃絶し、地名に名残りをとどめている程度です。 現在は史跡公園として寺域全体が整備され、全国的に誇り得る文化遺産となっています。

木造薬師如来坐像 木造薬師如来坐像の写真

欅の巨材から彫り出した一木造りで、後頭部・体背面材・両肩から各手先・両腰脇・両膝部は近世の後半に補材されている。 像は平安時代後期の作風をよく示している。この像はかつて地中に埋もれていたところを江戸時代に発見された。(国重文)

所在地 岐阜県大垣市青野町
美濃国分寺
美濃国分寺の写真

天平13年(741)聖武天皇の勅願により創建。後に火災で全焼したが、元和元年(1615)に再興。ご本尊は「薬師如来座像」(304.8cm)、別名「馬だらい薬師」。 久しく土中にあって、そうとも知らず背中のくぼみで馬の脚を洗ったりしていたことからその名を残す。一木彫成の木造薬師如来として日本一の大仏さまである。国指定重要文化財。

所在地 岐阜県大垣市青野町419
ホームページ http://www.d2.dion.ne.jp/~yakushi/
円興寺
円興寺の写真

由緒書によると延歴9年(790)3月、伝教大師は東国教化のとき篠尾ヶ原(美濃国青墓)に立ち寄り、遠方に五色の雲が立ち昇っているのを見て奇異に思い、 山間の渓谷を周っているとき老翁が出現し、大師に告げました。「我はこの地の地主神で白髭と称する者(現在当町内の鎮守の氏神として祀っている白髭明神)で大師の来るのを久しく待っていた。 この地は仏法有縁の霊地であり、この篠尾ヶ原に赤栴檀の霊木がある。その霊木で仏像を彫刻して大衆を済度すべし」と言って西方へ立ち去りました。

大師は大いに喜び霊木を探し聖観音の立像を彫刻、本尊として一山五坊三十六ヵ院の伽藍を建立しました。それが篠尾山円興寺です。 その後弘法大師が巡錫の折、一寸八分の黄金仏を彫刻し本尊の頭上に安置して広く衆生をさとしたものです。 俗に本尊を石上観音と言い、その縁起は天正2年(1574)織田信長によって、当寺は焼き討ちにあうが、不思議に本尊だけは谷間の石の上に難を避けたところからその名が伝えられています。 こうして本寺は、兵火以後、往時の盛観を見ることもできなくなりました。しかし、関西屈指の古刹で、本堂には源氏一族の位牌や石塔等が残っています。その他朝長所持の刀、手鎗等も寺宝です。

木造聖観音立像 木造聖観音立像の写真

檜材の一木彫成で、頭部の形成・幅広の天冠台、衣文の彫り口が美しく、平安時代(弘仁・貞観期)の優作である。もとは彩色された像であったといわれている。(国重文)

源朝長の墓 源朝長の墓の写真

平治の乱(1159)で一敗地にまみれた源氏の総大将義朝は、長男悪源太義平、次男朝長、三男頼朝の主従八騎で東国に逃れる途中、青墓の大炊兼遠を訪ねて落ちのびてきました。 (兼遠の娘延寿は義朝の愛妾で夜叉姫をもうけていた。)
源氏再興のため義朝は東海道、義平は飛騨路、朝長は信濃路でそれぞれ挙兵し都へ攻め上がることにしたが、朝長は都落ちのとき比叡山の衆徒に攻められ、大腿に戦傷を負いながらどうにか青墓まで辿りついたものの、 ここでも近くの暴民二百人余りが義朝の都落ちを聞きつけ押し寄せて来たため、いさぎよく自刃して果てたといわれています。当年十六歳の短い生涯を終わり、遺体は円興寺境内に手厚く葬られました。 今は父義朝、兄義平と共に菩堤を弔う五輪塔が当時のまま残されています。一方義朝は兼遠の弟鷲巣玄光に守られ紫舟にかくれ、杭瀬川から桑名を経て野間内海の長田忠致を頼りましたが、 忠致に謀られ非業の最期を遂げました。後に源氏を再興し鎌倉に幕府を開いた三男頼朝は、都落ちの途中、関ヶ原の山中で吹雪のため一行にはぐれ、近江の浅井北郡に隠れていました。 その頃、平頼盛は尾張国を賜り、部下の弥平兵衛宗清を名代として派遣し、青墓宿に到着したとき、頼朝が隠れていることを聞きつけ捕縛します。源氏一族には重ね重ねの惨事が続き、 当時十一歳の夜叉姫は悲惨な事実を見て杭瀬川に投身して果てたといいます。鎌倉に幕府を開いた源氏一族を始め、ここに訪れる武士は帯刀を解き、墓入口の「力石」の上に置き詣でました。

所在地 岐阜県大垣市青墓町5-880
ホームページ http://www.city.ogaki.lg.jp/0000019611.html
明星輪寺(こくぞうさん)
明星輪寺(こくぞうさん)の写真

明星輪寺山門の両側にいきり立った仁王(阿うん)門がある。くぐり抜けると虚空蔵本堂が現れます。
本堂のすぐ前に直径30センチ程の桜木があり、根本から2メートル附近に「やどり木」があります。元来やどり木は、木の股に鳥などが種苗を運び発芽するものが多いのですが当寺のものは、股からではなく、 幹の中腹から枝を張る様にはえてそれが観葉植物に似ています。植物名は今だ不明です。

明星輪寺は第四十一代持統天皇(686~697)の勅願で、開基は役の行者小角が朱鳥元年(686)3月、初願して着手、2年後の7月に落成して、七堂伽藍を始め一山五坊を創立、 自ら虚空蔵菩薩の尊像を石に彫刻して祀りました。その後115年を経過したとき、弘法大師が東国巡錫の途中この寺に留まり、延歴20年工匠を促して講堂を再建しました。 その時、自ら不動・多聞の二大士を彫刻して本尊の両脇士とされました。
その後、久安4年(1148)伽藍は残らず焼失しましたが、この時の住僧寛延法師が再建したのです。一時寺運は衰滅に瀕しました。明暦3年(1657)大垣城主戸田氏信公が修復を加え、 武運長久の祈願所と定めてから遠近多数の信者が集まり、今日の寺運を見ることになりました。また赤坂の虚空蔵さんで有名なこの本尊は、伊勢朝熊山の朝虚空蔵、 京都嵐山の昼虚空蔵と並んで日本三大虚空蔵の一つ、宵虚空蔵でしられ、うす暗い本堂の中には岩窟深く虚空蔵菩薩が祀られています。 また本寺には、力感あふれた平安時代初期の秀作木造地蔵菩薩半跏像(国重文)が安置されています。

木造地蔵菩薩半足跏像 木造地蔵菩薩半足跏像の写真

平安時代初期の秀作で、檜材寄木造りの半跏像。岩座に蓮華座を重ねた四重座の上に、右足を曲げ左足を下げた造形は珍しい。 古くから安産育児の菩薩として親しまれ、今では全体に木地があらわれているが、もとは極彩色像であった。(国重文)

金剛力士像 金剛力士像の写真

檜材を主体とした寄木造りで鎌倉時代初期に制作されたもので、仁王像の中では比較的大きい秀作である。山門右側に阿形、左側に吽形の二尊が安置されている。(県重文)

所在地 岐阜県大垣市赤坂町4610
ホームページ http://www.mirai.ne.jp/~kinsyou3/
赤坂ボランティアガイドセンター(無料観光ガイド)
赤坂ボランティアガイドセンターの写真

観光ガイドのお申し込みは下記、赤坂ボランティアガイドセンターまで。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町2944
電話番号 0584-71-2832
子安神社
子安神社の写真

創立年紀は不明ですが、三代実録に「貞観18年、児安神従五位下」とあり、大垣藩主戸田家の帰依は殊の外厚く、神殿の寄進をはじめその他の供物も絶えなかったといわれます。 大垣藩地方雑記に「将軍家綱公寛永18年(1641)八月誕生の時、戸田氏鉄公社内の竹にて産刀を造り献上せられれば、霊験あらたかで産安かりしと言う」とある様に安産の神様です。 以後享保10年(1725)戸田氏長公の奥方懐妊のとき、産刀を作り安産を祈られました。その霊験殊の外著しく、その後は領主の奥方が懐妊の際には産刀を作る例になりました。 近くは皇太子殿下誕生の祈りにも古式にならい奉納されました。また境内には股ぎの石が置かれ、この石をまたぐと妊娠すると言い伝えられ、現在でも子宝に恵まれない女性がひそかに実行しているとか。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町字羽根4026番地
電話番号 0584-71-3558
ホームページ http://koyasujinja.sakura.ne.jp/
天清院(どんりゅうさん)
天清院(どんりゅうさん)の写真

寛文12年(1672)、大垣藩主戸田氏信公の子息、氏親公の菩提所として大垣の円通寺から如泡上人を迎えて金生山下に開基した。 現在は「子育てどんりゅうさん」と呼ばれ、毎年4月第1日曜日をはさみ3日間、「子育てどんりゅう大士会式」が行われ、県内はもちろん、県外の人たちにも親しまれている。 また、育児、安産、健康など御利益があると言われている。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町3334
電話番号 0584-71-0506
ホームページ http://kosodatedonryu.web.fc2.com/
西圓寺
西圓寺の写真

周りを堀に囲まれた豪壮な境内。山門を潜ると蓮如、教如両上人旧跡として知られた真宗寺院。

所在地 岐阜県大垣市草道島町685
電話番号 0584-71-2337
ホームページ http://www.ogaki-tv.ne.jp/~simagobo/page009.html
岡山本陣跡
岡山本陣跡の写真

海抜53mの丘陵で慶長5年(1600)関ヶ原合戦のとき、徳川家康の本陣が構えられたところ。天下分け目の決戦で勝利した家康は岡山の名を勝山に改めたと伝えられています。 又、安楽寺は聖徳太子の創建で徳川家の三ツ葉葵の紋を許された由緒ある寺院。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町744
ホームページ http://www.city.ogaki.lg.jp/0000000680.html
安楽寺
安楽寺の写真

この岡山(現在は勝山)の山腹にある西美濃三十三霊場二十一番札所、紫雲山安楽寺は、推古天皇元年(593)聖徳太子の創建、壬申の乱で、大海人皇子が勝利祈願を住職に命じ、 戦勝後天武天皇が、大友皇子の冥福を祈り宝物を寄進されたという古刹、この寺の梵鐘は、関ヶ原合戦の時西軍の大谷吉継が軍営で使用したものです。 打ち鳴らす鐘の音を聞きながら士気を鼓舞したのでしょうが、小早川秀秋の寝返りで奮戦むなしく、吉継軍は、関ヶ原の露と消えていきました。大戦後、徳川家康が戦利品として当寺に寄進したものです。
鐘は、本来仏具の一つとして中国から渡って来たものですが、それが何時の間にか、警鐘になったり、時鐘に使用されたりして使用法も変わっていきました。 また第二次世界大戦では、武器に変わった梵鐘もありますが、幸運にもこの鐘は残され、今も美しい音色を響かせ本来の目的にかえって来ました。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町756-1
電話番号 0584-71-0239
赤坂港跡
赤坂港跡の写真

中山道は江戸と京を結ぶ重要な道で、往古は多くの旅人でにぎわいました。
ここ赤坂の宿が宿場に指定される以前は、隣接した青墓が東山道の宿駅として利用され「傀儡(くぐつ)」(遊女)の宿場として特に有名でしたが、赤坂に杭瀬川の渡し場があって、 青墓の宿からこの渡し場までの距離が離れていたため旅人の利便性を考え、渡舟を待つ旅人のため赤坂に宿ができました。そのため青墓の宿場が衰退して、赤坂の宿駅がにぎわいました。

杭瀬川は昔は揖斐川の本流だったが、享禄3年(1530)の大洪水で水路が大きく変わって支流になってしまい、河幅も細くなりました。 しかし赤坂の上流の標高9百メートルの池田山から自然の湧水を集めて豊富な水量を有し、また港としての機能を十分に果し、物資の搬入や搬出はこの港が重要な役割を果たして来ました。 一時は三百隻の舟がもやっていたと言われています。
このように、にぎわっていた港も大正八年八月、美濃赤坂線の開通にともない、合わせて昭和十三年に下流に水門が建設され、船の航行が困難となって赤坂港も廃絶しました。
ともあれ渡し場から発展した宿駅、そして港もその役目を終わり今は跡だけが歴史を伝えています。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町2939番地
ホームページ http://www2.og-bunka.or.jp/bunka/manage/akasaka.html
赤坂本陣公園
赤坂本陣公園の写真

中山道69次の宿場町の一つで江戸時代大名が参勤交代など通行の途次宿泊した高級旅館であった赤坂本陣公園。 現在は建物も無いが新しく幕末の青年の志士所郁太郎の国家社会に尽くした功績を顕彰して銅像が建立された。また、江戸末期の文久元年(1861)公武合体の名目で、 第14代将軍徳川家茂と婚儀が成立し皇女和宮が降嫁された際宿泊された赤坂本陣跡に和宮をしのぶ顕彰碑がある。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町
赤坂宿と道標
赤坂宿と道標の写真

赤坂宿は中山道57番目の宿場町として賑わいをみせたところ。又、西国三十三霊場最後の地として知られる谷汲山華厳寺へ続く谷汲街道の起点となり、石灯篭の道標がある。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町
照手姫の水汲み井戸
照手姫の水汲み井戸の写真

鎌倉期、説教浄瑠璃などで有名な物語の一つ「小栗判官」で欠くことのできない人物照手姫が下働きでいじめ抜かれ、かごで水を汲んだといわれる。

所在地 岐阜県大垣市青墓町
ホームページ http://www.city.ogaki.lg.jp/0000000051.html

観光(名所・施設)

大垣市歴史民俗資料館
大垣市歴史民俗資料館の写真

古代の美濃国分寺(僧寺=金光明四天王護国之寺)をはじめ各種古墳の出土品等の考古・民俗・歴史資料からほのぼのとしたロマンに浸ることができ、また隣接する国指定の史跡公園の散策も楽しい。 美濃赤坂駅より3.5km。

所在地 岐阜県大垣市青野町1180番地1
0584-91-5447
ホームページ http://www2.og-bunka.or.jp/bunka/manage/rekishi.html
お茶屋敷跡とボタン園
お茶屋敷跡とボタン園の写真

徳川家康は慶長5年(1600)関ヶ原合戦で大勝し、完全に天下の実権を掌握すると、征夷大将軍に任ぜられ、江戸に幕府を開きました。 そして、幕政の基盤を固めるため、全国主要街道の整備にとりかかりました。同九年の春、中山道の要衝で、徳川家開運の地であるお勝山の北方に、 自らが上洛の往復をするにあたっての休泊施設「お茶屋屋敷」を設け、邸内には、美濃国の諸大名に命じ、信長ゆかりの「岐阜御殿」を移築させたといわれます。

寛永(1624~1644)年間に建物は取りこわされ、土地は明治維新の廃藩置県のとき赤坂村名主矢橋宗太郎氏に払い下げられました。 現在は創建当時の城郭様式を偲ぶ土塁や空濠の一部を残す貴重な遺跡です。また跡内には数多くのぼたんが植えられ東海一のぼたん園として多くの花見客が訪れています。 開花期は四月の下旬から五月初旬、花の園で一時を過ごすのも又趣があります。
JR美濃赤坂駅より500m。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町3421-1
ホームページ http://www.city.ogaki.lg.jp/0000019630.html
金生山化石館
金生山化石館の写真

世界的な化石のメッカ(古生代二億五千万~三億五千万年前)の海底動物の化石を産する石灰岩で有名。地質学古生物研究と学習・鑑賞に絶好の化石館である。

所在地 岐阜県大垣市赤坂町4527番地19
ホームページ http://www2.og-bunka.or.jp/bunka/manage/kaseki.html
赤坂スポーツ公園
赤坂スポーツ公園の写真

若者から高齢者の生きがいと、体力づくり、コミュニティ活動の拠点として多目的に利用できる。敷地内には大きな藤棚があり、花の見頃は、5月上旬。

所在地 岐阜県大垣市草道島町40番地1
ホームページ http://www.city.ogaki.lg.jp/0000009568.html